飛行機に乗るために国内空港券を買ってみよう

国内空港券は何歳から購入できるのか

国内の飛行機は、搭乗日生後8日以上の幼児から乗せれることができます。搭乗日2歳以下の幼児は、大人の膝の上に乗せれば運賃は無料となります。搭乗日3歳以上から11歳以下の小児では、座席の確保が決まっていますので大人の運賃の50%の小児運賃がかかります。
そして、生後8日以上の幼児から5歳以下の小児は大人の同伴者が必要になります。また、2歳以下の幼児は大人1人に付き幼児2人までの同伴ができます。幼児1人は大人の膝の上に座り、もう1人は座席の確保をして小児運賃の購入が必要になります。ただし、2歳以下の幼児にはチャイルドシートが必要になりますので事前に空港会社に確認をしておきます。
2歳以下の幼児でも「膝の上にずっと乗せるのは辛い」「快適に飛行機に乗りたい」などで、席を確保することは可能です。
なので、国内飛行券は生後8日以上から、チャイルドシートの確認をして席を確保すれば、小児運賃での購入が可能になります。