飛行機に乗るために国内空港券を買ってみよう

飛行機に乗れるのは何歳から

国内線の飛行機に乗ることができる年齢についてですが、基本的には生まれて数ヶ月の赤ちゃんであっても乗ること自体は可能です。母親または父親の席を購入することは必要ですが、赤ちゃんについてはスリングを装着した上で抱えるなどをすればそのまま利用ができます。
それでは何歳から子供料金が必要かについてですが、各航空会社によって設定が違ってくる点を留意します。3歳から座席を指定して子供料金が発生するように設定している企業と2歳から子供料金がかかる企業とが存在しています。いわゆる格安航空会社の場合は2歳から子供料金が発生する設定の企業が多い傾向があり、大手の航空会社の場合は3歳から子供料金が発生する傾向があります。
0歳児から2歳、または3歳までの赤ちゃんや幼児の場合の料金については、基本的に国内線においては無料となっています。余談としては国際線の場合においては座席を利用しない場合での利用は大人の搭乗料金の1割の値段を支払うことで搭乗が可能となっています。