飛行機に乗るために国内空港券を買ってみよう

飛行機に乗れるのは何歳まで

高齢化社会において、高齢者の国内旅行者は年々増加傾向にあり、飛行機などの機関を使用する方が多くなりました。それに伴い、各空港事業はシニア割り引きなどのサービスも導入されています。
高齢者の利用が増える一方で、不安を抱える方も多くなっているのが現状です。何歳まで飛行機を利用できるのか、という疑問が大きいため、飛行機利用に躊躇し、旅行を断念する方も多いですが、90歳になっても利用される方はいます。
年齢に関係なく、体力的問題が大きいとされており、空港では、安全な旅ができるように、事前に高齢者であることを申し出ることにより、空港内での移動を車椅子で行うことも可能であり、乗り降りが安全にできるよう、サービスを受けることが出来ます。
高齢者の利用は多くなっていますが、心臓に持病がある、高血圧などの疾患がある方は安易に自己判断せず、病院で医師に相談をし、飛行中は水分補給に気をつけるなどの配慮が重要となります。